昨今、医療の場では様々な事故が起きています。病気を治しに病院に行き、その際の医療ミスで死に至るなど、本末転倒であり非常におかしな話です。そんな恐ろしい医療ミス、大きな手術とは無縁だからと気にかけないことのないようにしましょう。

手術を行なう医師たちの写真

インプラントに失敗例はある?術後のリスクとは?

インプラントを扱う歯医者が増えています。
これは、インプラントを希望する患者さんが増えていることが理由です。
インプラントが登場するまでは、永久歯が抜けてしまうとそれ以上歯が生えることはないので、入れ歯をするのが一般的でした。
噛みにくく見た目もよくないので、入れ歯を作っても装着しない人も多かったです。

そこで、顎の骨にチタンを埋め込みその上に人工歯を装着するというインプラントが登場しました。
歯科用のインプラントは、その快適さからすぐに普及していきました。
保険外治療なので歯医者によって治療費は異なりますが、1本あたり30万円ほどという高額な費用でも多くの患者さんが治療を受けています。

インプラントを受ければ自分の歯のように噛むことができると、多くの人はメリットばかり考えています。
しかし、骨にチタンを埋め込む際には手術が必要ですし、失敗してしまうこともあります。
リスクを知った上で治療を始めるようにしましょう。

まず、歯科用のインプラントの手術は1時間ほどで終わる簡単なものです。
手術した日は縫い合わせて終わりでしたが、最近ではオールオン4という新しい治療法もあります。
オールオン4では手術した当日に仮歯まで入れることが出来、見た目の良い治療として注目されています。
歯茎を切開し、骨とチタンを結合させる手術なので、術後には痛みが出ます。
多くの場合、腫れ止めと一緒に痛み止めの薬も処方されるので、歯医者の指示通りに服用しましょう。

術後のリスクとして、不衛生な状態にしていると炎症が起きてしまうということがあります。
インプラント自体は人工物なので虫歯になることはありませんが、歯茎や残っている歯が不衛生な状態になると、炎症が起きて腫れてしまいます。
炎症が起きるというのは良くないことですので、いつもと異なる状態を感じたらすぐに歯医者を受診するようにしましょう。

そして、インプラントに人工歯が装着されて、治療が終わってからも炎症が起こる可能性はあります。
放置しているとネジが抜けることもあるので、定期的に歯医者を受診して、お口の状態を清潔に保つようにしましょう。
抜けてしまうなどのインプラントの失敗は、きちんと受診することである程度防ぐことができます。
自分の歯のように噛めるから安心だと思い込み定期健診に行かないでいると、気付かぬうちに悪化してしまい、痛みなどに気づいた頃には重症化していることが珍しくありません。

■失敗しないインプラント手術の歯医者なら東京の江東区がオススメ
江東区でインプラント